呼吸器内科

呼吸器内科とは?

呼吸器にはどのような病気があるのでしょうか。当クリニックに来院される患者様は、他の病院へ行っても症状がよくならない、咳がいつまでたっても治らないなど、症状の原因が分からずお越しになる方がほとんどです。

呼吸器系の身近な病気としては、風邪、上気道炎、急性気管支炎、肺炎、気管支喘息などがあげられます。その他にも、肺気腫、慢性気管支炎、肺がん、肺結核、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな病気が考えられます。

症状について

以下の症状が気になる患者様は、呼吸器に異常があるかもしれません。このような症状がある場合は、早めに受診されることをおすすめします。

  • 咳がなかなか良くならない
  • 咳をするとゼーゼー言う
  • 歩いたり坂道を登ったりすると息がきれる
  • 胸が痛い
  • 痰に血が混じる
  • 寝ているときにいびきがひどい。息がとまると言われた
  • レントゲンで影があると言われた

上記の症状以外にも、禁煙によるイライラ、禁煙に失敗した時、健康診断で胸部レントゲン写真に影があると言われた時なども、ぜひご相談ください。当クリニックでは、地域のかかりつけ医として多くの症状の検査、治療をおこなっております。

呼吸器疾患について

呼吸器疾患には、主に以下のような病気があります。

  • 「かぜ、気管支炎、肺炎」:せき、たんが出る
  • 「インフルエンザ、呼吸器感染症」:発熱
  • 「気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)」:息切れがする
  • 「気管支喘息、COPD」:ヒューヒュー、ゼイゼイと音がして息苦しい
  • 「胸膜炎、自然気胸」:胸痛
  • 「肺がん、気管支拡張症」:血痰(血が混じった痰)が出る
  • 「睡眠時無呼吸症候群」:いびきが大きい、寝ているときに息が止まることがある